剥離~プラサフ第一回

2010122901
剥離終了~
バケツに洗剤と水を入れ、よく浸した不織布風のサンドペーパー(400番)で磨きます。

で、磨き終わったら洗って、よく乾燥。
乾かした後にシリコンオフという脱脂剤を振り掛け、きれいなウエスで拭きます。
さらに新しいウエス二枚を使い、バーテンダーがグラスを磨く要領(笑)でとにかく手で直に触れないように
全体をまんべんなく拭きます。

こののち、ホルツのプラサフを噴きます。

あれ、アルミなのにプラサフ直噴きでいいの?と思われる方もいるかもしれませんが、
アルミ板にメタルプライマー(アサヒペン)ありとなしで、上にプラサフを噴いて10円玉で引っ掻く実験してみたところ、
プライマーなしのほうが剥がれにくい感じでした。
プライマーなしのほうが塗面が薄くなるので硬く感じるだけかもわかりませんが、密着性にはあまり差がなさそうなので、
今回はプラサフ直噴きでいこうと思います。


2010122902

はい終了
塗装というものは磨く時間がほとんどで、塗る時間というのは1割もないようです。
この後は2、3日乾かして水研ぎ→多分下地が何箇所か出るのでプラサフ二回目

という流れでいこうと思います。
実際に色が付くのは来年ですなぁ・・・
スポンサーサイト

ディレーラハンガー

2010122201
いきなり凄いピンボケ写真で始まります。

ディレーラハンガーのなかったd9のフレームですが、
見た目がメーカーホムペのものに近い形をしているライトウェイの308212を試したところ、
あつらえたかのようにぴたりと収まりました。
ドッペルのフレーム作ってる工場とライトウェイの工場ってもしかして一緒?

20101222022010122203
さて、アウトレットで入手したこのフレームですが結構キズキズです。
下地が出ている箇所もあるので、ひとつ一大決心をしました。

(自前で)塗ってみよう!

せっかくなので全体を一度剥離して違うカラーにしたいと思います。
どこにもないカラーにしてみたいですね。
私の塗装技術だとどんなへっぽこなものになるか不安ではありますが。

2010122204
少しだけサンドペーパーを掛けてみたところの画像です。

サフ→本塗り→ステッカー→クリア仕上げ

という感じの塗装で、そこまで厚塗りはされてないようです。
ステッカーが少し浮かび上がってきてるのがわかるかと。

当初はサンドペーパーだけで剥がそうと思ってたんですが、やっぱり結構大変なので
明日は剥離剤買ってこよう・・・
プロフィール

海老印モンキ

Author:海老印モンキ
ホムセン店員から個人商店主にパワーアップ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード