修理顛末そのに

0929-001

ようやく部品が来たので、取り付け。
外れさえすれば特に難しいことは何もありませんね。

これにクランク付けて変速の調整すれば修理完了、と。
あとはお客さんが取りに来るのを待つばかりです。



806はBBシェル内に変なでっぱり(ギアガードの取り付け部)があったので、
ポン付けとは行きませんでしたが、804はギアガードの取り付け部がチェーンステー部に
ついているため、BBシェル内には何も邪魔なものがありません。

806は他の80Xシリーズとは少し違う設計になってるんでしょうね。
でもギアガードの付け方はこのほうが良かったんじゃないかな?なんて思ったり・・・
スポンサーサイト

修理顛末 そのいち

先日修理でお預かりした804。
どうにかこうにか、無事右ワン除去に成功しました。

太ボルト作戦は使わず、36mm大スパナの段階で外れたのでちょっと拍子抜け。
外すのが無理そうなら謝ってお返ししようと思っていたのですが、意外にあっさり外れたのでなんともはや


100922001

右が今回のクランケから摘出した右ワン。
左は私の806から外した右ワンです。

・・・すごく、膨張してます・・・

もうちょっと放置してたら本当にBBもげてたんじゃないの?
という状態ですね。

まあ、なにはともあれ難関は突破できたので一安心。

既に月刊だな、これわww

油断するとあっという間に1ヶ月経ってしまいますね。

さて、、
本日もドッペルのお客様がいらっしゃいました。
今回は804 PROVOKE

なにやら漕いでるとガクガクするというので持ってこられたそうですが、、

BBがガタガタです。
軸自体は3Pの軸なので修復は可能でしょうが、、
果たして右ワンが外れるかどうか・・・
0920001

とりあえずでっかい36mmのスパナとBBタップもって行こうかしら。
すんなり外れるといいんですがねぇ。
36mmでだめならドッペルwiki直伝の太ボルト作戦ですな。


しっかし・・・
いい加減防水シールのないBB使うのやめませんか、いろんなメーカー様・・・

グリスだけで防水ってどう考えても無理だYO
プロフィール

海老印モンキ

Author:海老印モンキ
ホムセン店員から個人商店主にパワーアップ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード